歯科コラム

ホーム > 歯科コラム > インプラントを長持ちさせるコツは「禁煙」にアリ!?
インプラントを長持ちさせるコツは「禁煙」にアリ!?

2017年09月1日 (金)

「インプラント手術は効果が得ることができると確信できなければ行うべきではない」と歯医者さんの多くが感じているようです。
それはひとえに患者さんのためにです。患者さんは、決して安くはないお金を託して手術をするわけですから、インプラントをしても十分に満足できないと予測できる場合はあらかじめその旨を伝えるべきでしょう。
今回は、インプラントとタバコの関係、またタバコが与える影響についてツツミ歯科が紹介していきます。

■インプラント手術の天敵は「タバコ」
インプラント手術の天敵は「タバコ」

インプラント手術で成功するか否かに関係する因子はいくつかありますが、中でもタバコはインプラント手術の予後を大きく左右させます。
タバコにはタールやニコチンを始め何種類もの有害物質を含んでいます。その有害物質によって歯ぐきの毛細血管は収縮してしまいます。
毛細血管は収縮してしまうと血が十二分に供給されなく、栄養不足になってしまいます。栄養不足になると歯周病の原因菌が活発になり、歯周病の進行につながります。
インプラント手術後にタバコを吸うと歯ぐきを始め、組織の再生が遅れてしまい、インプラントと顎の骨の結合がうまくいきません。
それに歯周病はインプラントが骨と結合しても、進行すると骨を溶かしてしまうので治療の予後を左右する因子の一つです。

■インプラントを長持ちさせるためには

インプラントに必要なことは定期的なメンテナンスです。
最近ではインプラント専門の衛生士制度や、インプラントメーカーにより認定医制度も普及してきています。
メンテナンスはインプラントが良好に骨と結合しているのか、ちゃんと歯を磨けているか、骨は溶けていないか、歯周病が起きていないか、炎症が起きていないかといった点を確認します。
このメンテナンスの間隔は人それぞれで清掃状況が良好で、インプラントに何の問題もなければ間は空く傾向があります。
しかし、タバコを吸っている方では、間隔は短く設定されることもあります。

■長期的に口に優しいのは禁煙すること
長期的に口に優しいのは禁煙すること

インプラント治療でもそうですが、基本的に歯や口を健康に保つためには禁煙することが良いと歯科業界では言われています。
口や歯は全身の中でも軽視されがちですが歯にとってもインプラントにとってもタバコは悪影響です。
インプラントはしっかりとメンテナンスを行い、禁煙を成功させれば何年、何十年と口の中に埋まって活躍してくれますが、タバコを吸っているだけでインプラントがダメになってしまうリスクが高くなってしまいますので気を付けましょう。

歯科コラム
2018/01/1
【インプラント治療】体にとって嬉しい変化がいっぱい!
インプラント治療を検討しているけど、今一歩踏み出せない…という方も多いかもしれま... <続きを読む
2017/12/1
天然歯より丁寧なケアが必要!インプラントの歯磨きポイント
インプラント治療には技術力・診断力・経験値・患者さんとの信頼関係が必要です。しか... <続きを読む
2017/11/1
インプラント施術後の“違和感”を解消する方法が知りたい!
インプラント手術をするのは、勇気がいりますよね。手術と聞くと身構えてしまいます。... <続きを読む
2017/10/1
インプラントの抜糸は術後どれくらいがおすすめ?
インプラント手術は外科処置が必要で、メスを使用して歯茎を切開・骨を露出させてイン... <続きを読む
2017/09/1
インプラントを長持ちさせるコツは「禁煙」にアリ!?
「インプラント手術は効果が得ることができると確信できなければ行うべきではない」と... <続きを読む

初めてインプラントを知る方へ

治療費用のご案内

一日で噛める。All-on-4

歯科専用CT

カウンセリング

治療の流れ

キーワードで知る歯科治療

メディア紹介

ツツミ歯科クリニック インプラント矯正センター

TEL 03-3490-7899

東京都品川区西五反田3-7-1
● JR線  五反田駅より徒歩5分
● 目黒線 不動前駅より徒歩5分

地図・診療時間

18年の経験・専門医資格
5年以上保証
ストローマン社製又はノーベルバイオケア社製
安心のCTスキャン撮影・コンサルティ ング・審美技術
骨の造成技術も世界最高レベル

ノーベルバイオケア

ノーベルバイオケア

取扱いインプラント

@インプラント

Dental Concept 21

日本インプラント臨床研究会

ICOI

ツツミ歯科オフィシャルサイトへ

ページの先頭へスムーズに移動する