歯科コラム

ホーム > 歯科コラム > インプラント施術後の“違和感”を解消する方法が知りたい!
インプラント施術後の“違和感”を解消する方法が知りたい!

2017年11月1日 (水)

インプラント手術をするのは、勇気がいりますよね。手術と聞くと身構えてしまいます。事前の検査や処置だけでも時間がかかり費用もかさみます。人生でも大きな買い物であり治療法であると言えます。それでもインプラントが人気である理由は、治療効果が得られるからでしょう。
しかし、インプラント手術後には違和感が生まれることもあります。大きな決断をしてインプラントに踏み切ったのに、もし違和感を感じてしまったらどのようにすればよいのでしょうか?ツツミ歯科がご説明します。

■インプラントにするという選択肢
インプラントにするという選択肢

歯が抜けてしまったらどうしますか?多くの人は歯医者さんから部分入れ歯をするか、ブリッジをするかという選択肢を提案されると思います。部分入れ歯は取り外しができるので、なくしてしまう心配がありますが、さらに歯が抜けてしまった時や粘膜が変化した時でも対応することができるので修理や補修を行い長期間にわたり使用することができます。インプラントに比べると外科処置をしなくて済むので、高齢者や有病者でも制作することができます。またインプラントは顎の骨があるところでなければ埋めることができませんが顎の骨が薄いところでもいればは作ることができます。
ブリッジは取り外しができないので一度ダメになると作り直さなければいけなくなります。しかし、安定性が高く噛んでいる感覚が保てしっかりと噛むことができます。ブリッジは補う部分にポンティックト呼ばれる擬似の歯の代わりになるものを用意し両サイドの歯にかぶせたものと結合させます。両サイドの歯にも被せ物をしなければいけないので健康な歯があるときは処置をするときに渋ります。両サイドがすでに被せ物をしている歯であれば別ですが、虫歯もないような健康な歯だと歯科医師はあまり乗り気にはならないです。さらに、ブリッジは支えることができる本数が限られています。3本分の欠損を補うのに両サイドの2本だけでは耐えることができないのがポイントです。
この2つとは別の選択肢としてインプラントがあります。インプラントは骨に直接ボルトを埋めて骨と結合させることで安定し、噛んでいる感覚を得ることができます。しかし、技術的に難易度が高くインプラント手術をする歯科医師は限られています。

■インプラントに使用される材料

インプラントに使用される材料は生体に悪影響を及ばさない材料でできています。骨と結合しやすい材料を使用していて、顎の骨と結合することをオッセオインテグレーションと呼ばれています。主にチタンがボルト部分として使用され、軽くたわみもあり強さもあるのでインプラントの材料として最高の材料です。ボルトにも形状が様々あり、スクリュータイプやシリンダー対応など骨の厚み等を考えて形状を選びます。被せ物はセラミックと呼ばれる陶材が使われます。陶材は着色がつきにくく形作りがしやすいので歯の被せ物として最適です。しかし、衝撃に弱くわれやすいという一面もあります。

■インプラント手術の流れ
インプラント手術の流れ

インプラントの手術は2種類あります。1回法と2回法です。
1回法は手術の回数が1回で済むので患者さんの負担が少なくて済みます。そして工程が簡易なので費用が比較的安く済みます。ただし一度で埋めるため顎の骨の厚さが確保されていることが求められます。
2回法は手術回数が2回であることが大きな違いで、1回目でボルトを埋めてボルトと骨がしっかりと結合してから被せ物を被せるための軸を設置します。
感染のリスクが1回法に比べて低いです。さらに骨の厚みが足りない人でも一度骨を増やす手術を行う事で骨の厚みを確保できるので多くの人が受けることができる手術法です。
どちらの手術法でも同じステップを踏みます。手術前には顎の骨の厚みや神経の走行を確認するためにCTで撮影を行います。CTで撮影することでどのくらいの厚みがあるのかを3次元的に判断することができます。
そして顎の骨にボルトを埋めます。だいたい6か月程度で骨との結合ができるので、その後歯茎を一度開けて被せ物を作っていきます。被せものは歯科技工士さんが作成することが多く、インプラントを埋めるときに並行して作っていきます。

■手術後の違和感の解消方法

歯茎を開けた後は縫合をします。手術では一度歯茎を傷つけますが、その後治癒する過程で違和感が出ることがあります。
一番多い違和感や不快感としてあげられるのは歯茎の腫れです。腫れは治癒の過程で必ず見られる生体反応なので腫れているということは治っている途中であると思ってください。ものすごく腫れてしまった時は冷たいもので冷やしてあげることが必要です。
さらに痛みが出た時は、歯医者さんから処方された鎮痛剤を飲むようにしましょう。そして抗生物質が出されるので必ず飲みきるようにしましょう。
起きると少し心配になる違和感は、唇の痺れです。唇の痺れはビタミン剤を飲むと改善される傾向があります。もしそのような症状が見られたら歯科医師へ相談し指示を仰いでください。
また手術直後は出血が止まらないことがありますが止血を確認してからでないと帰宅させないのが普通です。もし自宅で再度出血が見られたら応急処置としてティッシュを噛むようにして止血を心がけましょう。

歯科コラム
2018/01/1
【インプラント治療】体にとって嬉しい変化がいっぱい!
インプラント治療を検討しているけど、今一歩踏み出せない…という方も多いかもしれま... <続きを読む
2017/12/1
天然歯より丁寧なケアが必要!インプラントの歯磨きポイント
インプラント治療には技術力・診断力・経験値・患者さんとの信頼関係が必要です。しか... <続きを読む
2017/11/1
インプラント施術後の“違和感”を解消する方法が知りたい!
インプラント手術をするのは、勇気がいりますよね。手術と聞くと身構えてしまいます。... <続きを読む
2017/10/1
インプラントの抜糸は術後どれくらいがおすすめ?
インプラント手術は外科処置が必要で、メスを使用して歯茎を切開・骨を露出させてイン... <続きを読む
2017/09/1
インプラントを長持ちさせるコツは「禁煙」にアリ!?
「インプラント手術は効果が得ることができると確信できなければ行うべきではない」と... <続きを読む

初めてインプラントを知る方へ

治療費用のご案内

一日で噛める。All-on-4

歯科専用CT

カウンセリング

治療の流れ

キーワードで知る歯科治療

メディア紹介

ツツミ歯科クリニック インプラント矯正センター

TEL 03-3490-7899

東京都品川区西五反田3-7-1
● JR線  五反田駅より徒歩5分
● 目黒線 不動前駅より徒歩5分

地図・診療時間

18年の経験・専門医資格
5年以上保証
ストローマン社製又はノーベルバイオケア社製
安心のCTスキャン撮影・コンサルティ ング・審美技術
骨の造成技術も世界最高レベル

ノーベルバイオケア

ノーベルバイオケア

取扱いインプラント

@インプラント

Dental Concept 21

日本インプラント臨床研究会

ICOI

ツツミ歯科オフィシャルサイトへ

ページの先頭へスムーズに移動する