キーワードで知る歯科治療

ホーム > キーワードで知る歯科治療

口腔外科

 

クリニックでは『糖尿病のコントロールが出来ていない』など全身的疾患を有する方、『全身麻酔が必要』など特別の施設が必要な
方の観血的な手術は行っておりません。しかし、状況に適した病院などの施設をご紹介しております。問診内容以外でも、何かあり
ましたらお話いただきますよう、お願い申し上げます。
状況によっては麻酔科医が体調の管理をしながら手術を行います。

インプラント

インプラント治療

【どういうもの?】

体内に入れる人工物をインプラントといいますが、歯科用では人工歯根ともいいます。人工歯根は多くがチタン製で骨がインプラント表面にしっかりと結合(オッセオインテグレーション)するようにできています。噛む力にしっかりと耐えられるようになるには1.5~5ヶ月程要します。条件によっては、抜歯時にインプラントを埋入し短い期間で歯を入れる事も可能です(抜歯即時埋入)。
CTスキャンを事前に撮っておけば安全で確実な治療計画がたてられます。顎の骨が大きく失われている場合治療が非常に難しくなります。しかしそんな部分でも、骨を造るように誘導(GBR)したり、インプラントを植える位置をずらしたり、また短いインプラントを利用したりする事でほとんど治療が可能です。またより少ない本数にする計画が立てられれば費用が安くなるばかりか毎日の歯磨きが楽になります。当クリニックで多く行っている All-on-4(オールオンフォー)は、そんな利点を生かした最新の方法のひとつです。
いまや欠損した歯の回復は、ブリッジや入れ歯ではなくインプラントが第一選択だと思います。なぜなら、残った歯を削るなど痛めつけない、違和感か無く、何でも強く咬める唯一の方法だからです。多少治療費がかかること以外、何も欠点は無いと言って良いでしょう。
ただし外科手術なので、全身疾患のある方、たとえばコントロールできていない糖尿病の方などは主治医と相談させて頂きます。ヘビースモーカーの方、歯ブラシなどのお手入れをする気の無い方、メンテナンスにいらっしゃれない方はお断りすることもあります。

All-on-4

【どういうもの?】

骨の失われる代表的な部分は奥歯ですが、範囲が広いといろんな手術が必要になり費用的、肉体的、時間的な負担が増えてきます。特に、総入れ歯の方、総入れ歯になりそうな方の場合の画期的な方法が、All-on-4テクニックです。12本の歯を4~6本でまかない、GBRもしないので気軽です。またほとんどの場合、その日のうちに咬める歯を入れることができるという点でも画期的です。
上または下顎を4本でまかなった場合12本分が246万円ほどですみます。骨の状態により1~2本(1本につき25万円)追加が必要になります。

使用インプラント

【どういうもの?】

ケースバイケースの症例に対応すべく、ノーベルバイオケア{スウェーデン}、3i{アメリカ}の2種類を扱っています。

静脈内沈静法

【どういうもの?】

麻酔科の専門医が行います。熟睡の状態にすることで恐くなく、しかも手術中、安全に全身をコントロールできます。
手術後、まったく覚えていません。5万円かかりますが、麻酔薬は当クリニックで負担しております。

矯正歯科

矯正歯科

【どうして?】
歯列不正のほとんどが、歯の生える場所<スペース>が無いことによります。
遺伝的なことから悪習癖、虫歯、食生活が原因であったりします。
【どうして?】
歯を動かすには、針金やゴム,ネジ等の力を利用します。歯から,根の周囲に強めの力をかけ、炎症反応を起こす事で骨の押さえが無くなり(骨改造現象)歯が移動します。
【いたむの?】
程度によって個人差もありますが、力をかけ始めて4~5日は軽い痛みを感じます。動いてくる と、痛みは無くなり歯もぐらぐらしてきます。装置によっては 頬の粘膜に当たって口内炎を作ることもあります。最初は、当たる装置の部分に軟らかいワックスを付けることで痛くないようにします。3週間もすれば粘膜も厚くなり、ほとんど感じなくなるでしょう。デーモンシステムによれば、弱い力を架ける事が出来るのでほとんど痛まない様です。
【期間は?】
矯正方法の違い、個人差にもよりますが、動かす期間(動的期間)は1年前後からよほど長くても3年位までです。歯を目的の位置に動かした後は、固定(保定期間)に入ります。後戻りしないように、少なくとも動かした期間以上、歯を動かなくする装置を入れておきます。 部分矯正(MTM)では1カ月程度で終わる事も有ります。
【汚れやすい?】
いずれのStepでも、口の中に常に装置が入っていますから汚れがたまり易く、適切な歯磨きができないと虫歯を作ってしまいます。
ですから歯磨きのトレーニングは欠かせません。

小児矯正

【歯並び良かったのに】
生え変わり直前の乳歯列で、歯並びの良いお子さんは顎が小さいので、大きな永久歯に生え変わると歯並びが悪いようです。
【どうやって?】
成長期を終える13歳位までの間なら、顎を広げる(拡大)装置を入れて歯の並ぶ場所(スペース)を作ります。
歯に咬ませた装置のネジを週1~2回自宅で回して頂きます。構造上、細かい動きはできません。永久歯がすべて生え揃うにはまだ先になりますので、ある程度、予測したところまで拡大した時点でいったん終了とします。その後は2~3ヶ月ごとにチェックは必要です。スペースが確保できれば、生えるときの力や舌や口唇の力が、ある程度きれいな歯並びを作ろうとする働きをします。
【抜くの?】
スペースをかせぐために、生えてきた永久歯を抜かないように済ませるには、この方法になります。
【いつから?】
開始の時期は,6歳臼歯・前歯4本が生えた頃7~9歳位が良いようです。

成人矯正

【この歳なんだけど】

今日、矯正に年齢制限はありません。審美目的だけでなく歯周病治療のためにも行います。等医院では65歳の方が全額の矯正を受けられました。

【どうやって?】
スペースが無い場合、抜歯をしたり、歯と歯の間を薄く削ったりします。歯の表面にブラケットという装置を接着し、アーチ状の針金(矯正線)が起こす力(矯正力)により歯を動かしてゆきます。矯正の期間は歯の移動距離は勿論、体の反応(骨代謝)によっても異なります。 骨の代謝が低下する成人では、できるだけ弱い矯正力をかけることがポイントとなります。強いと痛いばかりでなく時間もかかります。 
デーモンシステムでは、特殊なブラケットが矯正線の動きを抑えつけないので弱い矯正力が使え、早く・楽に矯正治療が進められますので、特にお勧めしております。
【目立つの?】
最近、装置が外から見えない舌側矯正も始めましたが、力学上動かしにくくコストもかかるので治療費は倍になります。
普通の(唇側)矯正でも透明のブラケットを用いれば、さほど目立ちません。
クリアライナー(CA)は取り外し式で、透明なプレートを用いるので外からは全くわかりません。 毎月装置を取り換えるのと、症例を選ぶので全ての方にご利用できませんがプチ矯正にはぴったりです。

部分矯正

【どうゆうもの?】
部分矯正は、1~数本の歯のみを動かす矯正です。歯の保存(抜かずに済ませる)や、補綴(人工の歯などを入れて咬めるようにする)の前準備として行うことがほとんどです。
CAによれば目立つ部分だけの歯並びも直せます。
【やらないとだめ?】
虫歯が進行して抜歯せざるを得ないときでも、歯を引き出すことで、健康な部分が使えるようになります。虫歯などでできた空間に歯が自然に倒れこみ、詰め物などが入れられない場合でも、元の位置に戻せばOKです。矯正期間は数週間で充分です。

小児歯科

初めての歯医者

【歯医者は恐いところ?】
行ったことが無いのに、大泣きするお子さんがいます。ほとんどの場合、親や、兄弟の言葉で恐怖心を植えられているのです。
「虫歯が痛いなら歯医者でがりがり削ってもらうよ」!!!なんて問題外としても、診療台に座った子供の横で「痛くないよ、痛くないよ」と連呼されては恐くならない方がおかしいというものです。せめて、「いやなこと何にも無いよ」というような言い方にして下さい。むしろ「なんかいろんな器械があって楽しいらしいよ」とか「虫歯が治るとすっきりして気持ち良いよ」など、良いイメージを与えるようにして下さい。・・・そう思われませんか?実際、変な先入観を持たない子供達は歯医者に行くことが楽しみになって来るのです!
【親の役割】
虫歯は、生活習慣病と言っても良いと思います。子供の、食生活やきちんとした歯磨きは大人にしか管理できません。
大人が正しい知識と実行力を持っていれば、まず虫歯にはなりません。
【なぜ乳歯を治療するのか】
「乳歯はどうせ生え代わるから」と考える方がいらっしゃいます。痛みで苦しむ子を放って置けますか?痛みは治まっても、膿がたまって体中へバイキンが回っているかもしれません。食事が満足に取れなければ、身体の成長も遅れます。早くに乳歯を失えば、永久歯で歯並びも悪くなります。

審美歯科

審美歯科

 

今日、前歯の虫歯の治療に金や銀の物を詰めたりしません。目立たないプラスチックの詰め物でさえだんだんと変色しますから、なるべく目立たない裏側から削って詰めてゆく位、気を使っています。さらにより美しく、魅力的な口元へ・・・と顔の一部を占める歯に、プラスアルファを考慮した治療が多くなっています。
歯の白さはもとより、唇や顔の輪郭なども考慮に入れます。歯並びが悪くても矯正まではできない、ブリーチだけでは色がきれいにならない・・・そんな方でもラミネートべニア法によればほとんど削らずに問題が解決できます。ご心配なら事前にワックスで治療後の状態を確認いただけます。
白い修復物でも自分の歯との調和が必要です。セラミックならそんな個性を加味することができ、さらに表面の滑沢なことから汚染しにくく歯周病や虫歯も予防しやすくなります。 
セラミックにはいろんな種類があり、目的により選択することが必要です。 当院ではオールセラミックとして セレック、E-max、ノリタケ、プロセラ。ハイブリッドセラミックとしてシンフォニー。セラミックと一部に金属を補強で使う メタルボンド冠、サンライズ冠を用意しております。
審美的な理由だけで行う治療は、いっさい健康保険が利きません。

ホワイトニング

 
磨いて(ポリッシング・クリーニング)本来の白い歯の色を取り戻すか、脱色(ブリーチング)してより白くする処置を意味します。
ブリーチには自宅で行う(ホームブリーチ)、クリニックで行う(オフィスブリーチ)に分けられ、それぞれ特徴があります。
ホワイトニング後、永遠に白さが残るわけではありません。タバコのヤニは勿論、カレー、赤ワイン、濃いお茶なども着色、変色の原因となります。

ラミネートベニア

 
歯の表面に0.5mm程の薄いセラミックを貼り付ける治療です。削る部分を出来るだけエナメル質内にとどめる事で、削ることのデメリットを小さくしています。以前は、健康な歯でも全体をぐるりと削り、冠をかぶせていました。
色・形、の改善、表からの歯並びをも改善することができますので今日の審美治療に不可欠です。歯と歯の間の変色したプラスチック治療や虫歯治療にもおすすめします。

セラミック

 
天然の歯そっくりに作ることが出来るのはセラミックだけです。古い茶器などでも、変わらない輝きを持っていますが、汚れにくさは口の中で最も重要なことのひとつです。
セラミックにはいろんな種類があり、目的により選択することが必要です。 当院ではオールセラミックとして セレック、E-max、ノリタケ、プロセラ。ハイブリッドセラミックとしてシンフォニー。セラミックと一部に金属を補強で使う メタルボンド冠、サンライズ冠を用意しております。

最近ジルコニアという硬いセラミックが日本でも認可されました。インプラントの土台(アバットメント)など力のかかる部分に使用されます。このおかげで金属が表から一切なくなります。

口元の美しさは七難隠す

 
そんなに美人というわけでもないのに(失礼)、チャーミングで好感度抜群!なんて女性は、たいがい美しい口元をしています。
おじさんでも、良く手入れがされたきれいな歯を持っていれば、清潔感あふれ好感度抜群!以前ハワイであった審美の学会に、ミス・ハワイの女性が来ていました。地域の予選参加前に歯を治し、ミスになったそうです。美しい人は、より美しく、ということでもあります。

スポーツ歯科

スポーツ歯科

 
歯の咬み合わせが平行感覚、瞬発力、などスポーツで必要な能力を向上させることは良く知られています。かつて、有名な横綱やアメリカンフットボールの選手の口腔内を拝見したとき、そのきれいな歯並びと、磨り減った咬み合わせに驚かされました。
母校では、様々なスポーツの選手がより力を発揮できるよう、研究がされています。

マウスガード

 
ボクシングなどで使われているマウスピースの発展型です。個々人に合わせて作られるので違和感も少なくより安全です。
もちろん、咬み合わせも良くなります。マウスガードの装着が、歯・口腔内・口腔外の保護になる事はもちろんですが、脳の保護(パンチドランカーの予防)に役立つ事は、意外と知られていないかもしれません。現在、様々なスポーツ団体で義務化の方向に進んでいますが、マウスガードの有用性の認識に差があり、早い普及が望まれます。小中学生など歯の交換が見られる頃は、作り直しも必要なのでリーズナブルな費用で入れさせて頂いております。

安全が実力の発揮に

 
空手などコンタクトスポーツはもとより、ラグビー・ラクロスなどのハードスポーツでは、おっかなびっくりやることが返って危険を生み、もちろん実力も発揮できません。

メンテナンス

メンテナンス

 
どんなに治療にコストや時間をかけ、すばらしい状態にしても、その後の手入れが不十分であっては長持ちしません。
その為に、完璧なプラークコントロールが出来るように、歯ブラシ指導を何回でもさせていただきます。どうしても溜まってしまうような汚れは、2~6ヶ月ごとに来院頂き、きれいさっぱりとクリーニング致します。
保険外治療には保証期間を設けておりますが、メンテナンスに御来院頂く事を条件としております。
インプラント治療は人工物ゆえ炎症が始まると一気に進んでしまい、脱落につながります。汚れを落とすだけでなくしっかりと歯ブラシが出来ているか、咬み合わせに異常が無いかのチェックも合わせておこないます。

歯ブラシ指導

 
日々のブラッシングは、臭いを消し、さっぱりさせるだけの手段ではありません。歯肉の炎症や虫歯の原因となる歯垢(しこう、プラーク、はくそ)に含まれる病原菌を除去し、歯肉への刺激で血行を良くし、治癒を促進させる為の治療手段なのです。
「磨いているけど磨けてない」では困るのです。
歯科コラム
2018/01/1
【インプラント治療】体にとって嬉しい変化がいっぱい!
インプラント治療を検討しているけど、今一歩踏み出せない…という方も多いかもしれま... <続きを読む
2017/12/1
天然歯より丁寧なケアが必要!インプラントの歯磨きポイント
インプラント治療には技術力・診断力・経験値・患者さんとの信頼関係が必要です。しか... <続きを読む
2017/11/1
インプラント施術後の“違和感”を解消する方法が知りたい!
インプラント手術をするのは、勇気がいりますよね。手術と聞くと身構えてしまいます。... <続きを読む
2017/10/1
インプラントの抜糸は術後どれくらいがおすすめ?
インプラント手術は外科処置が必要で、メスを使用して歯茎を切開・骨を露出させてイン... <続きを読む
2017/09/1
インプラントを長持ちさせるコツは「禁煙」にアリ!?
「インプラント手術は効果が得ることができると確信できなければ行うべきではない」と... <続きを読む

初めてインプラントを知る方へ

治療費用のご案内

一日で噛める。All-on-4

歯科専用CT

カウンセリング

治療の流れ

キーワードで知る歯科治療

メディア紹介

ツツミ歯科クリニック インプラント矯正センター

TEL 03-3490-7899

東京都品川区西五反田3-7-1
● JR線  五反田駅より徒歩5分
● 目黒線 不動前駅より徒歩5分

地図・診療時間

18年の経験・専門医資格
5年以上保証
ストローマン社製又はノーベルバイオケア社製
安心のCTスキャン撮影・コンサルティ ング・審美技術
骨の造成技術も世界最高レベル

ノーベルバイオケア

ノーベルバイオケア

取扱いインプラント

@インプラント

Dental Concept 21

日本インプラント臨床研究会

ICOI

ツツミ歯科オフィシャルサイトへ

ページの先頭へスムーズに移動する